« 1/18 | トップページ | 1/20 »

1/19 アロマとの出会い

食事のにおいを怖がるようになって、
極力食事のにおいが鼻に入らないようにしていたので
看護師さんがアロマオイルを持ってきてくれた。
洗面器に水をはって、オイルを垂らしたらしい
アロママッサージをボランティアでやっている人が今日病院に来るらしく、
どんなものかためしてみることにする。

やよいは寝坊してモーニング。帰ったら歩行リハビリがちょうど終わったところ。
放射線が終わったらやっぱり眠くなって寝た。

15:30頃ボランティアのアロマテラピーの方がみえて、
ゆずやゼラニウムやラベンダーの香りをかがさせてくれた。
木とラベンダーのオイルを使ってマッサージしてもらった。
右足と右手、30分くらいのマッサージ。
香りを紙につけて、「フランキンセンス・ラベンダー」と書いて、おみやげにくれた。
痛みをやわらげ、幸福感を感じる香りらしい。
「アロマの香りがどうこうより、とにかくオイルでのマッサージが気持ちいい!」
というのが感想だった

やよいは頭痛がするので早めに帰った。

まま(母の母)から、電話がつながらないけど何かあったんじゃないのかと
お父さんに連絡があった。
お母さんは寝るとき電源を切るし、最近は寝てる時間が多いから
やよいの番号を伝えてもらった。

放射線 6/16

|

« 1/18 | トップページ | 1/20 »

Ⅲ.2010年1月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/18 | トップページ | 1/20 »