« 4/13 誕生日の手紙 | トップページ | 2010年4月 »

2週間

柴田さんが来てくれる時間が待ち遠しいようで、「今何時?」と頻繁に聞く
時間だけ答えると、朝か夜かを言ってほしいと言う
常に誰かと手を握っていたいようで、手を離すと起きて確認する素振りをするので
交替で手を握っていた
ナースコール用のスイッチを「こんなのいらない、いればいい」と使わなくなった

寝返りを頻繁にする。
特に右半身が下になっている時は、すぐに向きを変える

柴田さんが、アロマ用のピンクのタオルを貸して下さり、いつもかけていた
タオルをかける時「タテヨコ」と指示していたのが「十字架」と言うようになる
(大きいタオルを縦に、小さめのタオルを肩や腰に横にかけていた)
音楽CDも貸してくれたけど、「アロマの時の音楽なの」と言って
アロマの時以外はかけたがらなかった。
ローズの香りを充満させてほしいと、1日中ローズを焚いていた

わたしは本を読む時間が多くなったので、小説を1日何冊も読んだ
祖母は退院したものの、情緒不安定は続くままだった
デイケアに行くのも嫌がるので、兄も仕事を休んでずっと祖母についていた

「鈴木さん(エレガンテ)に謝りに行って。明日行って、
ちゃんとスリジェ持って」と何度も言う

 

4/14
クロがベッドに上がっても嫌がらなかった
毛づくろいするのを見て、「かわいいねえ」
「1週間後か1ヵ月後かわからないけど、クロちゃんは死んじゃう気がする」
段取りを決めようか、と言って
「今度の土曜日にままとおねえちゃんと、みんながいる時にアロマをしてもらって
アロマの間に逝く」と言う

4/15
名古屋からおねえさんがお見舞いにきてくれる
おねえちゃんが手を握っていると、「どうして音楽がかかってないの?アロマの」と
聞くので、この日からずっとアロマの音楽をかけ続けていた
アロマしてもらうところを見てほしいらしく、ずっと見てもらった

4/16
アロマの間、お父さんが出かけようとすると嫌がるからずっと手を握っていた

4/17
名古屋からままとおねえちゃんが来てくださり、アロマの時間までいてもらう
アロマの間に逝きたいという願いが本当になるかもしれないと
ずっと交替で手を握っていた

---
「水を飲みたい」と言うようになり、頻繁に水を飲むようになった
何かを訴えたそうにしているとき、「みず」とはっきり言うこともあれば、
「お水?」と聞くと「うん」と答えることもあり、らくのみを口元に当てると飲むこともある
1日に200ml前後飲んで、おしっこも出ていたので脱水にならず
「こんなことは・・・」と叔父は驚いていたらしい

「好きなようにさせてくれないから死ねない」「どうしてまだ死ねないの」と訴える
何を言っているか聞き取れないことが多くなる

「いつもローズだから」と、柴田さんがグレープフルーツの瓶を嗅がせてみたら
嫌そうにしかめ面をしたので、結局毎日ローズになった

4/22
2週間ほど前に予約したスリジェ感謝祭の日
小さいホールのケーキが1台1000円なので、7台も予約していた
誰に何のケーキをあげるか決めてあったので、それぞれに配った
ケーキを箱から出して見せたら喜んでいた

柴田さんがバラが入った花束を持ってきてくれた
見せたら「ありがとう」と言った
柴田さんが帰ろうとすると、強い力で引き止めて「いてほしい」と言う
しばらく手を握ってもらい、わたしが代わると
「やよいちゃんの手はいらない、柴田さん」と振り払ってしまう

「あーーあーー」と訴えることが多くなる
アロマの間も訴えるので、痛いのではと心配するが
もうあまり痛みは感じていないはず、との事
貼り薬のシールを貼りかえる時、シールの枚数は把握しているようだった

寝返りを訴える回数が減り、床ずれができてしまった
父が床ずれ用のシールを貼ってくれた

|

« 4/13 誕生日の手紙 | トップページ | 2010年4月 »

Ⅷ.2010年4月①」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362513/34756212

この記事へのトラックバック一覧です: 2週間:

« 4/13 誕生日の手紙 | トップページ | 2010年4月 »